■調査期間/平成13年9月〜14年3月

(1)調査の目的

    結婚に関わる儀式に対するニーズは時代とともに変化していることから、東海地域の未婚者に対象を絞り、女性だけでなく男性も含めて、平成8年に「結婚に関わるセレモニーへの夢」と題したアンケート調査を実施した。

    それから5年を経た現在、ますます海外挙式が増加しており、更に、パーティー形式の披露宴、仲人なしの披露宴、ガーデンのある披露宴会場に対するニーズが高まるなど、結婚に関わるセレモニーに対するニーズが変化を続けており、この調査を継続的、定期的に実施していくことは社会的にも意義があるものと考えられる。

    そこで、平成8年に実施したアンケート調査を再度実施し、結婚に関わるセレモニーに対するニーズの変化を5年前と比較分析することを本調査の目的とする。ただし、本調査では、調査項目を結納、挙式、披露宴に関わる部分に重点を絞り、新婚旅行、新生活に関わる部分を縮小している。

(2)調査の方法

    調査対象/愛知県、岐阜県、三重県在住の20代の未婚男女
    調査方法/無作為に抽出し、郵送法によるアンケート調査を実施

(3)調査項目

  1. 結婚に関わるセレモニー全般について
    A)行うと思うセレモニーと行わなくてもよいと思うセレモニー
    B)誰の意見を尊重したいか
    C)何歳までに結婚したいか
    D)結婚資金
    E)「ジミ婚」と「人並み」
  2. 婚約のセレモニー(結納など)について
    A)希望する婚約のセレモニーの形式
  3. 挙式・披露宴について
    A)披露宴を行う理由
    B)希望する挙式の形式
    C)希望する神前式挙式の形式
    D)希望する教会式挙式の形式
    E)披露宴を行いたい場所
    F)披露宴会場の選定基準
    G)挙式・披露宴会場の情報収集方法
    H)披露宴に招待したい人
    I)披露宴の望ましい出席者数
    J)披露宴の方針(披露宴へのお金のかけ方と披露宴の演出)
    K)挙式・披露宴で自分らしさを強調したいところ
  4. 婚礼衣裳について
    A)挙式や披露宴で着てみたい衣裳(女性)
    B)挙式や披露宴で着てみたい衣裳(男性)
  5. 新生活準備について
    A)新生活の住空間でこだわるもの
    B)家具の買い換え
    C)家具の選択基準

 

Tokai Ceremonial Occasions Industy Promotion Center