■調査期間/平成10年9月〜11年3月

(1)調査の目的

    時代とともに消費者のニーズは変化を続け、今の高校生、中学生、小学生が結婚する頃は、現在とは雰囲気の異なる結婚式が行われる可能性が高い。未来を予測することは非常に難しいことであるが、これから結婚する人達のライフスタイル、意識、行動等を観察しながら、そのニーズを汲み取り、常に新しい発想で、新しいものを作り上げていく努力が必要である。

    そこで、平成10年度は、結婚式場業界が将来に向け、新しいサービスを検討する際の基礎的な資料として活用していただくことを対象に挙式・披露宴に対するイメージについてアンケート調査を行い取りまとめる。

(2)調査の方法

    調査対象/愛知県、岐阜県、三重県在住の18歳〜22歳の未婚女性
    調査方法/無作為抽出し、郵送法によりアンケート調査を実施

(3)調査項目

  1. 結婚に関わるセレモニー全般
    A)結婚したい年齢
    B)行うことになると思うセレモニー
    C)結婚に関わるセレモニーのイメージ
    D)結婚に関わるセレモニーを考える際の情報源
    E)挙式・披露宴に必要と思われる費用
  2. 婚約のセレモニー
    A)行いたい婚約のセレモニーの形態
    B)婚約のセレモニーを行いたい場所
  3. 挙式
    A)希望する挙式スタイル
    B)挙式を行いたい場所
    C)挙式に参加してほしい人
  4. 披露宴
    A)披露宴を行いたい場所
    B)披露宴会場を選ぶ際の基準
    C)披露宴の役割
    D)行いたい披露宴の形式
    E)披露宴に招待したい人数
    F)披露宴会場の装飾やBGMのセンス
    G)結婚する際に行いたい演出
    H)披露宴で選びたい料理
    I)希望する披露宴での会食スタイル
    J)着用したい婚礼衣裳
    K)着用したい婚礼衣裳枚数
    L)披露宴でこだわりたいところ
  5. 結婚記念日を祝う方法
  6. タイプ別の分析
  7. 行いたい披露宴会場別の分析
  8. 地域別の分析

 

Tokai Ceremonial Occasions Industy Promotion Center